タイムトラベルできるなら、10代の自分と君に贈ります。
そうしたら、もしかしたら違う結末があったかもしれない。
けど、この感覚はその想いが潰えたお前に届くんだよ!!
それがパワーポップなんだよ!!
ナードマグネットの2ndだバカヤロー!!




「あー、面白くない。昼休みも机に突っ伏して寝てるだけ。
何であいつらみんなあんなに楽しそうなんだろう」とか、
「職場でパソコンに向かってて気づいたら元号変わってたし、
もう、何がなんだかわからないや」とか、
そんな『透明になったあなたへ』
(解釈はたくさんあると思いますけどね)
なんだよこれ、一つの円(聴けばわかる)にまとまってるよ…!
今年度通学/通勤のお供・ザ・イヤーになること間違いナシ!!

カセットの再生音といい穏やかな雰囲気なM1「intro」
…からのフィードバックノイズからのダダッと振り下ろされるM2「アップサイドダウン」の歪んだギター!!
バッチバチにポップパンクに歌い出して、
何に対しても抱くモヤモヤな想いがなんぼのもんじゃいと、
でもちょっと気にしながら我が道を行くM3「FREAKS & GEEKS」、
同調圧力、錯綜する情報、クソみたいな噂をぶっ飛ばすM4「バッド・レピュテイション」といったシングルカット曲の連打!!こういう曲で生まれるシンガロングが本当の声なのかもね。
M5「透明になろう」ではTFCのような淡い淡いサウンドを今のナードがやるとこうなるのかと思わせて、
M6「I'm Not Gonna Teach Your Boyfriend How To Dance With You」
は元々スゲーthistime感あった曲をナードがカバーするということで「今のthistime感」だったり、
カバーの旨みがかのBECRを思わせたり(特にベースラインとワーミーを使ったライクシンセなギターが)と、
これヤベーわと思わぬ伏兵。ティーンスピリットってどんな匂いなのかな。
そして触れずには居られないM10「Song For Zac & Kate」、もぉ〜、タイトルからして涙が出てきちゃうパワーポップファンたち。
敢えて何も言いませんが、これだけ。
みんなWellingtons聴いて!!(まだ在庫あるのかな)
思わずぴょんぴょんしながら「うぉーおー」してしまいそうなスウィートネスさがブチ上がるM12「COMMET」、
高らかに"Let's have a toast for losers"と言い切られて涙溢れるM13「The Great Escape」、
ラスト、M14「HANNAH/You Are My Sunshine」では、ハイスタやポップパンクの代表たちが続けてきた突っ走るアレンジが、
加速を続けてここまできたかと、そしてこれからも続くと、そう思わせられずにはいられない!!
どの曲も珠玉!!

最後までこのアルバムを聴いて、
各々の想いを馳せながら、また再生ボタンを押しているあなたが居るでしょう。
一緒に口ずさんでるあなたが居るでしょう。
ライブに行ってみようと思うあなたが居るでしょう。
リアルタイムで聴けることを誇れ!!
ムカつくことがあれば"GO Fxxk YOUR SELF"!!


内容構成 Inclusion

特典:弾き語り特典CD
(1.SonoSheet「Short Hair」 / 2.weezer「Jamie」 / 3.Bacon「風待ち」)
※特典は先着順となります。終了の表記がない場合も、在庫がなくなり次第終了となります。


収録曲 Track Listing

1.Intro
2.アップサイドダウン
3.FREAKS & GEEKS
4.バッド ・レピュテイション
5.透明になろう
6.I’m Not Gonna Teach Your Boyfriend
How To Dance With You (COVER)
7.虹の秘密
8.テキサス・シンデレラ
9.家出少女と屋上
10.Song For Zac & Kate(日本語カバー)
11.COMET
12.THE GREAT ESCAPE
13.HANNAH / You Are My Sunshine