The Cars、The dB’s、Eurythmics、Marshall Crenshaw、Timbuk 3のような80’sテイストあふれる、ちょっと懐かしいパワーポップ


ミネアポリスを拠点に活動するシンガー/ソングライター、Jonathan Rundman。ノルディック・フォーク・デュオ「Kaivama」でも活動している彼のソロ名義としては約10年ぶりとなる今作は、The Cars、The dB’s、Eurythmics、Marshall Crenshaw、Timbuk 3のような80’sテイストあふれる、ちょっと懐かしいパワーポップ!彼自身の青春時代が色濃く反映されたアルバムだ。

FOW+ニューウェイブなサウンドと「人生は神聖であっという間だから自分の気持ちを優先して生きよう!」という決意みなぎる歌詞が印象的な”Prioritize Us”、パワポ好きド直球な”Northbound Traffic”や”Helicopters of Love”の疾走感にギュッとハートを鷲掴みされることは間違いない。が、注目ポイントはこれだけじゃない!Kaivamaでも演奏している”Home Unknown”のセルフ・カヴァー(バンジョーやマンドラ、ハルモニウムなど全ての楽器を自身でプレイ)、”Second Shelf Down”、”No More Old Times”などで聴けるトラッドとパワーポップの見事なまでの絶妙ブレンド!これぞ彼ならでは。実に味わい深い。
バックを支えるミュージシャンも多彩かつ通好み。Jasper Nephew(Owl City)、Parthenon Huxley(Eels, ELO)、Brent Bourgeois(Todd Rundgren, Bourgeois Tagg)、Pat Tomek(The Rainmakers)らが参加しており、演奏面でも聴きどころ満載!キャリアに裏打ちされたベテランのバラエティに富んだ好盤だ。

「自分が親になって初めてのアルバム。命を見守る親としての経験は私にたくさんの感情をもたらしてくれた」(Rundman)。
音楽を愛し家族を愛する四十路男のピュアな情熱は、もしかしたら華やかなショービズ界とは無縁かもしれない。だけど、世界中ほとんどのミュージシャンの生き様ってそうなんじゃないかな?家族、日々の生活、男として親としての責任を全うしながら自身の音楽にも一切の妥協なく向き合う真摯な姿勢、活動のフィールドは自分で切り開くという強い意志、リスペクトです。いつだってLook Up!勇気いただきました!

<森ヒロユキ@PowerPopRevival/BOTB>

内容構成 Inclusion

デジパック仕様

収録曲 Track Listing

1. Prioritize Us
2. Northbound Traffic
3. The Science of Rockets
4. The Ballad of Nikolaus Rungius
5. Second Shelf Down
6. Helicopters of Love
7. Painter
8. Flying On A Plane
9. Home Unknown
10. No More Old Times


試聴 Watch & Listen




プロフィール Artist Profile

Official Website
Official Facebook
Official Twitter

ご注意 Please note

※本商品は新品/未使用ですが、販売元や各アーティストより直輸入のため、帯など内容物の欠落、色焼け・擦り跡等何らかの劣化がある可能性がございます。輸入時にジュエルケースなどの破損があった場合、弊社にて新しいケースに交換するため商品を開封する場合がございます。
予めご了承頂いた上でご購入手続きへとお進み下さい。

※クロネコメール便、佐川飛脚便をご利用の場合、厚み制限のため梱包が比較的簡易なものとなります。また特典が輸送中に商品本体へ干渉しダメージを与える可能性もございます。予めご了承頂いた上でご購入手続きへとお進み下さい。

ジョナサン・ランドマン